高気密・高断熱住宅での健康状態の検証

日経ケンプラッツニュース「高断熱住宅への住み替えで医療費が減る」という記事がありました。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20081224/529105/
画像

ケンプラッツの会員になると無料で住宅・建築関係の最新ニュースを読むことができます。


■目的■「高断熱住宅への住み替えで医療費が減る」の検証

我が家のケースにも当てはまるのではないかと思い、1円単位でつけている家計簿からデーターを拾いまとめてみました。無断熱鉄筋コンクリート住宅の借家から、高気密・高断熱の木造住宅への住み替え、その後約8ヶ月の家族全員3人(H17・18)~4人(H19~)の健康状態について検証します。

■調査1■「医療機関受診回数」
健康検診と予防接種と妊娠・出産関係と歯科を除いて、医療機関にかかった回数によってグラフ化した結果、以下のようになりました。
画像


借家 → 1ヶ月に平均2回程度、医療機関にかかっていたようです。
     月ごとにみると、新潟で気候が良い5月と10月は、受診回数が少ないようです。

新居 → 8ヶ月で4回の受診ですから、1ヶ月に平均0.5回と
      医療機関へ行く回数がかなり減りました。


■調査2■「医療費について」
医療費での比較では、薬剤費も入れると次のようになります。
平成17年8月~18年7月:     76890円(受診回数25回)
平成18年8月~19年7月:     82570円(受診回数23回)
平成19年8月~20年7月:     58900円(受診回数33回)
平成20年8月~21年3月(新居8ヶ月): 6710円(受診回数4回)

借家3年間のデーターによると、医療内容と処方薬によって、金額がかなり変わるため、医療機関へ行く回数と医療費用は、あまり比例しないことがわかりました。

しかし、新居では明らかに、受診回数と医療費が減っています。

つまり、我が家においても「高断熱住宅への住み替えで医療費が減る」ケースに当てはまったようです!

■調査3■「医療内容について」

医療内容をおおまかに次の3タイプに分けてみました。
1:風邪・高熱などの細菌・ウイルス感染症関連・胃腸内科関連
2:腰痛・坐骨神経痛などの神経科関連
3:アトピー・湿疹・アレルギーなどの皮膚科・呼吸器関連
画像

1:感染症は、やはり外からもらうことが原因のようです。

2:新居に移ってからは、明らかに減ったもの、それは神経痛関連の病気です。家にいるときの「冷え」が原因となる神経痛が減りました。

3:皮膚科関連も加湿器無しで湿度が40%程度に保たれ、子供の肌も借家のときに比べれば調子がよく、今のところ以前の薬で足りているので、まだ受診しなくて良さそうです。


■まとめ■
新居に移って8ヶ月で、家族の健康状態が良くなったことが、データとしてわかり満足しました。今後も調査継続していこうと思います。

■実感していることと仮説■
今後も以下のことを継続して調査・検証していきたいです。

高断熱住宅では、全館暖房でなくても、家の中の温度差が小さくなります。温度差による「冷え」「筋肉や神経の緊張」が解消され、それに起因する神経痛などの症状・病気が改善されるのではないでしょうか。

高気密住宅の計画換気により、新鮮な空気が常に家の中を循環するので、アトピーやアレルギー皮膚科・呼吸器関連の症状も改善されたと思われます。

また、セルローズファイバーは、湿度をある程度保つ効果がみられます。加湿器無し・冬の乾燥時期でも約40%と適度な湿度に保たれた室内では、結露やカビの心配も無く、皮膚や呼吸器の健康状態も良くなったと思われます。借家では、結露が付いたサッシにカビがつきやすく、窓掃除が大変でしたが、新居のサッシは、結露せずカビも発生しないので、ほとんど掃除しなくて良くなり、掃除が楽になりました。

「回遊する家」空気環境の検証12月
http://blogs.yahoo.co.jp/none_ta/21496001.html
光熱費2008年(秋)9月~11月+12月
http://blogs.yahoo.co.jp/none_ta/21792586.html

高気密高断熱で計画換気をしっかりやると、光熱費だけでなく医療費も下がります。

体調を崩しやすい・病気がちで困っている方は多いと思うのですが、遺伝や体質よりも「住環境」の要因の方が大きいのではないでしょうか?家族の健康を守るために、住まいの温度・湿度・換気について、十分に検討し計画していくことが重要であるとの認識です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モモ
2009年03月05日 12:04
素晴らしい検証です♪ 最も尊敬するのは、1円単位で、後から見ても分かるように、家計簿が付けられていることだっ!!
ノン
2009年03月05日 12:15
モモさん、ありがとうございます~。ウチは経済屋なんですよ、お賽銭5円まで家計簿につけてます・・・笑。以前の借家暮らしでは、通常の医療費だけで毎年 8万円くらいかかっていました。これに妊娠・出産関連や交通費を加えると、医療費は10万円オーバー、医療費控除の常連だったんです。それで家計簿とは別に内容も詳細に記録していたんです。こんな風にブログネタになるなんて・・・笑。
モモさんの住宅も今月いよいよ着工?本当にワクワクですね♪
boketinn
2009年03月11日 23:25
ノンさん、こんばんは~(^^)

本日も とっても素晴らしい、データの数々♪
お家ブログのお友達の方でも、ここまで細かくデータを揃えてアップされている方は、やっぱりいないと思います(^^)

こうして、ノンさんご一家の現在の状況をアップされることで、更に!!
信憑性が高いですね(^^)
ノン
2009年03月12日 01:22
boketinnさん、ありがとう♪本当、ウチって夫婦そろってケチで細かくて嫌な性格なので、細かさでほめてもらえるのは、モモさん、boketinnさんくらいです(笑)。つわりに悩まされつつ、現在も細かい作業をしております。いよいよ来月は、住宅誌「イエヒト」への掲載予定ということで、レイアウトの確認・文と写真の校正・差し替え依頼や提案など、取材協力?迷惑?しているところです。私、細かい作業大好き!!家作りの情熱がよみがえるようです!!(アホ)。ブログを書く時間と、寝る時間を削って地味に頑張っています。このデーターも一部ですが、採用される予定です。前編12ページ、後編16ページ 番外編・資料編14ページと大作になるようですよ。まぁ、雑誌編集についても素人なので、どれだけ力になれるかわかりませんが・・・頑張ります。

この記事へのトラックバック