ひさん、松花粉

 新潟市では防風林・海岸保安林として、昔から松を育ててきました。松林の景色は日本の心・・・素晴らしいです。厳しい日本海、風雪塩害によく耐える松は大切な海岸植林です。家の前も松林です。この林から、ウグイスやキジの声も聞こえてきて、良い環境だなぁと思います。・・・しかし・・・この時期、松の花粉の量が、凄まじいのです。
画像

本日は窓を開けたら、数時間で窓枠が黄色くなりました。家の外周囲も黄色いチョークの粉がついたようになっています。
画像

 新潟市内では、マツ花粉症(マツ属アレルギー)の例があります。「新潟県内居住の小児気管支喘息患者について皮内反応を行い, クロマツ1.6%, アカマツ1.7%の陽性率」とあり、子供喘息患者の50人に一人程度は松が原因の喘息の可能性有です。あまり呼吸器官に吸い込まないほうが良いようです。5月は新潟では良い天気なのですが、松の多い場所によっては、良い季節でも窓を開けられない・外に洗濯物を干せないこともあります。
画像

新潟市の気候・・・
11月~3月:雨期・暴風・雪
3月~5月:黄砂
5月~6月:松花粉
6月~7月:梅雨
8月~10月:一応、乾期
11月~:雨期・暴風
 安心して外干しできるのは、8月~10月の天気の良い日だけです。布団が干せる日も少ないです。ウチは、外に物干しがありません。ガス乾燥機と室内干しです。ガス乾燥機は年中活躍しています。乾燥機の性能は電気より断然ガスが良いですね。すごく早いです。

 新潟の海岸に車を停める際も、松に注意しています。松の木の下は避けたほうが良いのです。松花粉の時期でなくても、暴風で傷ついた松から松脂(まつやに)が滴り落ちて、フロントガラスに付くことがあります。松脂が化石化したものが宝石の琥珀ですから、そのまま埋もらせて化石になると素敵な車入り琥珀になるかもしれません?・・・松脂はベタベタして水で拭いても取れません。松脂の落とし方・・・アルコールには溶けますので、早いうちにエタノール(薬局で安く買えます)で拭くようにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

boketinn
2009年05月07日 08:44
ノンさん、こんにちは~(^^)

松花粉、ってこちらでは聞かないのですが、凄い量が飛ぶのですね(--)

boketinnも何度か新潟に行ったことがありますが、花粉の量は半端じゃないですよね(^^)

ノンさんご一家が花粉症、大丈夫ですか?
ノン
2009年05月07日 12:34
boketinnさん、こんにちは!

関東では、杉花粉の時期も終わって、天気も良くてDIYにも良い時期でしょうか?

松花粉は黄な粉みたいです。家の周囲が黄色くなって、窓際も・・・。松は抗原としては弱いそうです。でも、これだけ囲まれていると・・・もしも松でアレルギーになったらヤバイかも~汗。

私はハウスダストアレルギーで減感作療法を2年くらいやりました、毎月注射しても完全には治らないんです・・・。今はスギ花粉の時期も目がかゆくなるからアレルギー体質なのかも・・・涙。

花粉の時期は窓を閉め切って計画換気システムに頼ろうと思います。

この記事へのトラックバック