分離発注のデメリット

オープンシステムを説明するときに
まずあるのが
「一括発注」と「分離発注」という対比。

「ハウスメーカーや工務店」は「一括発注」で・・・
「オープンシステム」は「分離発注」で・・・

「分離発注」という 名前から、
「バラバラに発注をする」印象を持たれる方が多い。

分離発注って、バラバラに発注するの?
なんか怖いよね?

「分離」という字に「バラバラ」
「ネガティブな印象」を持ってしまうと
「検討外」となり、

「分離発注とは何か?」とまで
調べないんだろうなぁ・・・。

でも、「一括発注」をしようとして、
ハウスメーカーや工務店、建築家を探して
それでも、間取り、こだわり、価格で
思うようにいかなかったとき、

分離発注について 
初めて調べて、

オープンシステムの
分離発注を選んだ人は、

実は本当に「バラバラ」なのは、
「一括発注」だってことに気が付いている。

一括発注で、最初に話すのは、
たいてい建築士ではない営業マン。

そして、設計は こちら、
施工は そちら、
現場管理は あちら
アフターは、どちら・・・?

一括発注の方が、担当者が分離されていて
全体を把握しているのは、
建て主本人だけ?ということになる。

いや、建て主本人だって、
全ての設計図を もらえないのであれば
その建築物について、
全体を把握している者なんて

誰もいないのだ。

詳細な見積りも、設計も、
社外秘など秘密にされ、
建て主本人が把握できないのであれば
一括発注というより、クローズドシステムだ。

一括発注に よくあるトラブルで
営業と口約束にしたことが
現場に引継ぎされなくて
言った言わないの水掛け論になったり・・・
不具合があって構造がわからなかったら
切らなくていい部分を切ったり
調査に時間がかかったり・・・

そのリスクは、どうしたら減らせるか?
きちんと書面や図面になって
情報を共有できれば、
間違いを減らせるのではないだろうか。
家の詳細なデータがあれば、
後から、さかのぼって不具合の原因を
突き止めることも容易になるだろう。

オープンシステムの分離発注方法は、
企画・設計・工程・監理・保証・アフター
建築に関わるすべての情報を建築士が掌握し、
建築士の視点で、
すべてのことを最適化しようという試み、
マネジメント業務そのもの。

建て主と建築士、そして施工業者も加わり、
同じ設計図と、同じ見積り、
オープンに情報を共有して
最初から最後まで、一貫して
ひとつの夢の実現に取り組む。

土地やお金の時間の制限があるが
同じ燃料で、どこまで夢を飛ばそうか?
逆に、制限を楽しむ余裕さえでてくる。

施工者はどうだろう?

仕事の範囲と責任の範囲が明らかにされるから
ごまかしはきかない。
仕事がきちんと評価され、出来高払いで、
次の月には支払いがある。

下請けでなく、元請けだから、
言われた仕事をその通りにやるだけでなく
自ら提案しやすくなる。

提案が受け入れられて、仕事が認められるのは
施工者の職人としてもやりがいがあることだろう。

建て主のアイデアも
建築士のアイデアも
施工者のアイデアも

バラバラではなく、
一人の建築士によってマネジメントされ、
随所に織り込まれた良い家ができる。

同じ金額で、できるところまでやってみよう。

設計から建築へ
関わる人の夢とアイデアがつながって、

常に建築の可能性がどんどん広がっていくのが
オープンシステムの分離発注なんだと実感した。

でも、日本では一括発注が主流で
全国規模で展開する大手ハウスメーカーも多い。

一括発注ばかりが もてはやされるのは
日本独自の文化だ。

海外、とくにアメリカでは、
分離発注の方が一般的という。

海外で「分離発注」は次のように呼ばれる。
「コンストラクション・マネジメント(CM方式)」
英語だと「construction management」

construction は、建築
management は、管理という意味。

もし、日本で「分離発注」じゃなくて
「建築管理発注」とかだったら、
もっと流行っていたかもしれない、と思うのは、
私だけかなぁ・・・?

「分離発注」のデメリットは「分離発注」という名前。
名前だけで損していると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック