家庭でのチョウバエ駆除と対策

画像 新潟市内の浄化槽地域に住んでいます。浄化槽には付き物の「チョウバエ」発生の季節です。(虫の写真はありません)

画像
 雨風がしのげて、適度な通風と光のある「快適な玄関」は、昆虫にも快適だったようです・・・涙。

 玄関にいるので、家の中に入ってきてしまうこともあります。家の中で見つけた場合のチョウバエ退治方法は、掃除機で吸い取ることにしています。チョウバエは近づいても逃げないので、掃除機で簡単に吸い取ることができます。水場の方に行く習性があるのですが、水攻めはいけません。親がすでにおなかの中に卵を持っている可能性があります。水で流しても、もし家の中の配管内で孵化、幼虫が育ってしまうとやっかいです。

 玄関にオフダ?虫コナーズがチラリ・・・。しかし、まだチョウバエがやってきます。結構しぶとい・・・!!
画像


 ここはプロ、根本から対処ということで・・・「千代田設備」新築時、担当のタッキーさんに連絡。すぐ、浄化槽部のIさんと来てくれました。

 まず、マンホールや接続に不備がないか全てチェックです。汚水の漏れなどはありませんでした。キレイなものです。そして、浄化槽のマンホールのみから20匹くらい出てきました・・・発生源は、やはり浄化槽です。

■浄化槽のチョウバエ対処
画像

1)浄化槽の中にチョウバエ専用殺虫剤を撒いて、一度フタを閉めて殺虫。
2)その後、マンホールの隙間から出入りを防ぐため、隙間を埋めるゴム輪パッキンを装着。
3)そして、幼虫の住みかとなる汚れ(スカム)の除去→浄化槽清掃の保守点検の予定を調整。

 虫コナーズでもダメな場合は、各家庭で契約している浄化槽の保守点検業者さんへ。専門家は方針がしっかり、対処が早いです。千代田設備さんはこの季節、同様(チョウバエ)の相談もあり、忙しいようでしたが、連絡も対応も早くて、説明も丁寧!なるべく通常の保守点検の中で作業していただけて良心的な料金に感謝です。今回は、殺虫処理のみの料金請求でした。

 また、パッキンが通常のものに着いていないのには、理由があり、浄化槽にはエアーを吹き込んでいるので、あまり隙間を埋めて密封してしまうと、エアーの抜けが悪くなり、逆に泡がマンホールから噴出してくることがあるそうです。適度な隙間は必要とのことです。

画像 下水が通り、浄化槽を廃止すれば、チョウバエ発生はなくなるとのこと、浄化槽地域への居住は初めてなのですが、下水道の重要性を実感しました。

 担当のタッキーさん、一年前の工事を覚えてくれていたようで、下水切り替えの予備配管の部分を確認しながら「建築家さんの案で、自分達が作った力作なんだよね」と誇らしげです。下水切り替えの際は、工事掘り返す必要がなく、予備配管への切り替えと浄化槽の廃止処理(砂とコンクリートで処理)のみでOKだそうです。下水道・・・早く開通して欲しいものです。

(6月15日追記)
 また、チョウバエは光に集まる習性があるので、玄関ライトの消灯を早めにやるようにしたのも良かったようです。
 「消灯」「忌避剤」「浄化槽の殺虫・清掃」この3つの対策をしたので、チョウバエの他、蚊やユスリカなどの虫も減り、最近は、かなり改善したと実感しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 温水ルームヒーター「ノーリツと富士通ゼネラルの製品の違い」

    Excerpt: 我が家はノーリツのルームヒーターです。 そろそろ涼しくなったので、各部屋に出しました。 夏場は収納できるので良いですね。 使い勝手と暖かさは気に入っています。 今年は家族が増えたので、追加購入.. Weblog: 米どころ新潟の家づくり 引越し先 racked: 2009-10-27 16:11