土地を買う前に「道路冠水マップ・洪水ひなん地図」をチェック

水の都、新潟市では
・「道路冠水想定個所マップ」
・「洪水ひなん地図」
を作成し、公表しています。

・「道路冠水想定個所マップと一覧」
わかりにくいマップです・・・。
マップと一覧(住所)を一緒に見ると場所が確認できます。
画像

海抜が高い地域、山地のような場合でも、
周辺に比べて相対的に低い土地は、(周辺より低地)
よく水溜りができやすく、冠水する場所もあります。
坂道の下方になる土地も水溜りができやすいです。

・「洪水ひなん地図」
もし、洪水が起こったときに、避難に役立てるための地図が公開されています。
対象河川流域ごとの浸水の想定水深が地図に色づけされています。

・にいがた防災メール
にいがた防災メールというシステムがあります。
今回、登録しました。
メール配信が少ないことを祈ります。。


地球温暖化により、年々台風の規模や被害も大きくなっています。
また、大陸の氷が解けて、海抜水位も上がってきています。
近年でどの程度まで変化するのか・・・
どんな災害が予想されるのか・・・

私は、土地や住宅を買う前に
アル・ゴア元副大統領の講演を映画化した
「不都合な真実」を観ることをオススメします。

彼は地球温暖化の問題点を広く知らしめたことで
ノーベル平和賞を受賞しています。
興味深い内容、強いメッセージに引き込まれる講演で
大変見ごたえがあり
映画作品としてもアカデミー賞を受賞・・・素晴らしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック