出窓ガルバリウムの外壁汚れ、その対処対策。(オープンシステム1年点検修繕の実際)

★住んでみないとわからない!
住宅はどんなに細かく検討しても、
住んでみないとわからない部分が
どうしても出てきます。

住んでみて、良かった事の方がもちろん多いのですが!
それゆえに、細かいところが気になったりします・・・

こちらが、不安・不満になる前に、
丁寧に聞き取りして、サービス過剰なくらい
アフターメンテナンスをしっかり
やってくれる設計事務所と専門工事業者もあるんです。

オープンシステムの設計事務所は
設計・監理からアフターメンテナンスまで
一貫して建築士が責任を持って見てくれるので
デザイン性が損なわれることなく、
改善・対処してもらえるのがとても良いです。
(自ら提案したデザインや機能に対する
 責任感がとても強いのです)

★きめ細かなアフターメンテナンス

アトリエジニアス設計事務所さんでは1年点検に伴う
修繕サービスは「無料」で行われました。

その点検の様子はこちらの記事を見てください。

設計事務所さん、板金屋さん、ありがとうございました!


★修繕対象・・・「出窓」
画像

今回、修繕対象となったのは、東側出窓。
画像

シルバーガルバリウムがモダンな雰囲気の出窓は
実は和室の出窓なんです。
意外性、アクセントのあるデザインが気に入っています。
画像

冬は、飾り付け♪

そして、1年後・・
画像

・・・雨汚れができていました
庇が無かったのが原因です。


★改善案「目立たない水切り庇をつけます」

「目立たない水切り庇をつけます」とのこと。

いつも、期待以上の働きと提案をしてくださる
アトリエジニアス設計事務所さん。

しかも、この建築家さん、板金の使い手。
外壁・内装にも板金を使ったデザインが多いです。
板金屋さんとも仲が良く得意分野なんです。

今回も、その技術に期待しています・・・!
どんな風になるのかな?((o(^-^)o))わくわく


施工■出窓の汚れを落とす知恵・・・「消しゴム」

まず、出窓の汚れを落とします。

水でも、洗剤でも落ちない、外壁汚れに・・・

職人がポケットから出したアイテム・・・
画像

なんと「MONO消しゴム」で、外壁汚れが落ちました。

現場職人の知恵!ですね~。

「外壁汚れ」は、排ガス等の炭化物が多いので、
「消しゴム」でキレイに落ちるんです。


消しゴムは、炭化汚れを吸着して取るので
ガルバリウムを傷めません。
汚れた消しカスだけ、ポロポロ落ちます。

作業してくれたのは、新築工事を請け負った「高又板金さん」
大手HM・有名工務店の屋根・外壁工事の仕事もやるし
自ら、受注してリフォーム工事なども行う
地元新潟では有名な板金屋さんです。
分離発注では、業者を選べるので
評判の良い業者ばかりを集めることができるのが良いです!
皆、素敵でした! ヽ(`O´*) ォィ!!


施工■水切り庇を取り付けました!

本当に、目立たない庇・・・
同じ色のガルバリウム板金を取り付けました。
画像

キレイに切って、折って、
接着剤で、ピッタリ貼り付けて、
シーリングで間もしっかりと埋め込みました。

出窓に直接水が流れ落ちないように工夫されています。


★仕上げ・・・防汚コーティング

板金屋さんから、ガルバリウムの防汚対策には
車用のコーティングが良い
ですよ!

という、アドバイスを受けて、
早速買ってきた「フクピカ防水」!

車用のコーティング剤で、自分で防汚対策をしました。
画像

水も油も弾くフッ素コートで、ピカピカです!!

良い汚れ対策を教えてもらって得しました♪


★その後、お礼

8月に対処が終わりまして、その後2ヶ月経ちました。

雨汚れは今のところできておりません。
美しさを保っております。

板金材料も使っているので、
こちらから支払いを提案したのですが・・・

「今後とも、何かお気付きの点がありましたらご連絡くださいませ。
価格の方は、無料ですからお気になさいませんように。」


・・・とのことで、ありがたくサービスを受けました。

非常に素晴らしいアフターメンテナンス対応でした。
満足度と信頼度が、また上がりました。

建築家さん、ウチのような細かい建て主に対しても、
いつも丁寧・親切な対応で申し訳ないくらいです。

多くのOB施主さんから支持されるのは、
ホント、親身になって丁寧すぎるくらい
きちんと対応してくれるからなんですね。

ありがとう~~ございます~~!!


★今回、ためになったこと★

★「MONO消しゴム」で、しつこい外壁汚れが落ちる!

(水や雑巾などで、大体の汚れを落としてから・・・)

★ガルバリウムの汚れ防止に、車用コーティングが使える!
(フッ素コートにしたら、水も油も弾くので良いと思います。
ただし、車用のコーティングは種類によって
窓ガラスには、使えません・・・窓ガラスには窓ガラス用を。
おそらくフッ素入りは、ガラスを腐食する恐れがあるため

★出窓には、水切り庇は必要!小さくても有効!
(小さな水切りでも効果は絶大です。
こんなに小さく目立たない庇でも良いのですから・・・)


お役に立てましたら、下の気持ち玉やコメントを頂けると更新の励みになります♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

mukaicom
2009年10月20日 14:01
瑕疵じゃないのに、無料で対応。素晴らしいですね。
オープンシステム、簡単な仕組では無いと思うのですが、ここまでお施主さんを満足させる仕組をきちんと造り上げている方がいる事に驚きです。
2009年10月20日 14:42
mukaicomさん、コメントありがとうございます。そう、すごいでしょ・・・サービス過剰すぎですよね笑。

でも、建築士も、業者も無理してやってくれているわけじゃないんですよ。むしろ喜んで、ウチに来てやってくれます。その分、過剰サービスになる・・・。

オープンシステムでは、分離発注で3者3得を目指します。それぞれの報酬も適正だったということなんでしょう。その調整役が「建築士」なんです。

「建築士」が企画・設計・監理・アフター・コスト・工程全てマネジメントするから、上手く回るんです。
営業マンとか、無資格管理者じゃなくてね・・・。

建て主としても、すべて見れるので、勉強になって面白かったです。私は、建築士に憧れましたよ!
ゆきパパ
2009年10月21日 00:04
遊びに来ていただいてありがとうございました。
オープンシステム、興味津々です。
もっと勉強して、どうすれば満足できる家ができるか考えて見ます。
リンク集参考になります(^^)
2009年10月21日 02:01
ゆきパパさん、コメントありがとうございます!そんなわけで、私はオープンシステム好きなんですが笑・・・ぜひオープンシステムだけでなく、たくさん回って比べてみてください!断熱のことや、家にかかるお金のこと・・・一流企業の営業マンの話や冊子もわかりやすく勉強になります。特に、積水ハウスやパナホームでもらった冊子は、税金のことなど、後々まで役立ちました(感謝)。疑問を持ち、比較検討するなかで、きっと自分にあった家づくりに出会えると思います。ぜひ楽しい家づくりを実現してくださいね♪ワクワクですね♪
mercy
2009年10月21日 23:00
お久しぶりです。試験結果は散々でしたが(涙)、もうすぐブログ復帰します。

相変わらずすばらしい対応ですね。これだけの対応(特に庇!)をしていただいたというのに無料というのは・・・・ジニアスさんは何かの魔法を使われているのでしょうか(笑)
色々と教えていただけるマメ知識も参考になりますね。フクピカねぇ。。。なるほど。必ずしも家のメンテナンスに家用品がいいってわけじゃないんですね。
2009年10月22日 01:17
おお、mercyさん!!
おヒサシぶりです・・・笑。
復帰楽しみにしていますね!

魔法・・・本当に・・・!
この方、采配の魔術師です。
仕事ぶりを見ていて、
野球監督や名武将を思い起こさせます。

建築家が全部指示しているわけじゃないんですが、この方は、業者の技術を引き出す場の提供が上手いんです。業者が力を出せば、良い家になるので、顧客満足もUPです。

たぶん、消しゴムで外壁汚れ落としたり、車用コーティングで拭いたりなんてことは、建築家も初めて知ったと思いますよ、・・・面白いでしょう♪

この記事へのトラックバック