経済学:カルディ(KALDI)の紙袋が二重になっている理由

イオン新潟南の
カルディ・コーヒーファームが大好きです。

店頭で甘いコーヒーのサービスで
一息つきながら店内を回ります。

輸入食品・・・少し珍しいお菓子、
ワインや缶詰を購入します。

カルディは、少し小さめの紙袋が定番です。
画像

紙袋を二重にしてくれるので、
少し多めに買い物すれば、
すぐ何枚も貰うことになります

重いから、二枚包装にすると言うのなら・・・

なぜ、
一枚で丈夫な紙袋を作らないのでしょうか??


エコエコ!と叫ばれる世の中で、
二重包装を続ける理由・・・
→→→
(ノン)メリットは、何なの?

(ダンナ)説明しよう!

・同じ紙袋を多く消費する→
 紙袋の製造量が多くなり、一枚当たりの製造コストが下がる
 定番紙袋でイメージブランドの定着。

・デザイン性の高い紙袋→
 紙袋の再利用による、広告効果。

・二重包装→
 紙袋を2倍配布することは、広告物を2倍配布しているのと同じ。


紙袋は、以前からデパートやブランドショップで使われ、
それがステータスのようになっていました。
画像

伊勢丹の紙袋(伊勢丹チェック)
エルメスのオレンジの紙袋・・・
オークションでも取引されることがあるようです。

デザイン性の高い紙袋は、好まれ、
何度も再利用され
ブランドの定着・広告としての価値があるんだよ



なるほどね~

そういえば、ハウスメーカーを回ったときも
紙袋をもらったわ

でもちょっと派手で・・・

他人に渡すのには使いにくいけど、
すごく丈夫でオシャレなものが多かったなぁ・・・

これは、ハウスメーカーの紙袋は、
他人に渡さず、でも丈夫で
顧客の家で長く使ってもらえるように・・・

という意味があるのかもね?



というわけで、
今回の話のまとめ・・・

「カルディ(KALDI)の紙袋が二重になっている理由」
紙袋は「マーケティング戦略」(戦略的)でもあるし、
「同じ商品を多く製造すればコストが下がる」(経済的)
二重包装には、
戦略的かつ合理的な意味
があったのですね。

そして、ここで重要なキーとなるのは、紙袋の「デザイン」です。
よりオシャレで好まれるものが
再利用され広告効果が高まるのですから。


ちなみに、このデザインについて
カルディでは、絵本のようなストーリー構成となっているんだ

画像

ダンナが好きなウンチク話ね、笑
「カルディ伝説→紙袋の傑作」かもね!




日常に使う紙袋への愛着が

企業への愛着に繋がります。

・・・

画像

紙って、木でできているからかにゃ?
何か落ち着く・・・


人間・・・結構単純です?


使いやすくデザイン性の良い紙袋の配布は
利用者だけでなく、企業にとっても利益になるのです。

「両得って、素晴らしい」ですね。デザイン重要です!

画像


下の「気持ち玉」を、応援ポチして頂けると
更新意欲が刺激されます、笑。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック