イエヒト8号にて家の価格公開

家が雑誌に掲載されます。しかも特集です。今朝、気になって早速、本屋で「イエヒト8号」を買ってきました。午後に、メール便で2冊送られてきました(笑)。そんなわけで家に同じ本が3冊。ブログにて配布企画もやりたかったのですが、冊数がちょっと少ないので無理かな~。全国の本屋さんで取り寄せ可能です。今時、こんな手づくり感、溢れている雑誌ないですよ~。今号のイエヒトも面白いです。
画像

我が家が紹介されていました。
「家の価格」もズバリ公開しています。
わかりやすいものでは・・・

・地盤調査費(スウェーデン式サウンディング法9ポイント):26,250円
・玄関ドア(定価:619,700円)→235,200円
・セルロースファイバー吹込み(家全体合計額):472,500円
・システムキッチン(定価:1,254,400円)→450,000円
・食器棚(定価:688,200円)→268,400円

こんな感じで、定価だけではなくて、実際に手に入る価格・・・本当に「家に必要だった価格・金額がわかる」ので、素人がざっと見ても、細かく見ても、面白い雑誌だと思います。ちなみに上の金額はネット通販ではないです。アウトレットでもないです。新品をオーダーして、業者に取り付けてもらって保証もあっての価格です。

価格だけを見ても、オープンシステムのCM分離発注を検討してみる価値は十分にあるものと思います。限られた収入や予算の中で、最大の効果を求めるなら、多少面倒でも、すべての要素を「見える化」して無駄を排除したり、最適化した方が良いと思うんです。また、なるべく多くの要素を事前に検討することは、後悔のない家づくりにも繋がりますし・・・。CM分離発注、よくわからないからやめておこう・・・というのは、もったいないなぁ~と思うんです。

保証についても、どの程度の金額がかかっているのか、明確になるので、支払ったお金がブラックボックスになりません。地盤保証など、必要なリスク回避は、きちんと個別の保証に入ることも建築家さんがアドバイスしてくれました。

イエヒト8号、細かく見すぎると、いつもより?誤字脱字が目立ちますが、それもご愛嬌?・・・たぶん、オープンネットの編集部さん(建築士さん)は、今年から始まる「住宅かし保証」関係の分離発注の保証制度を整えるので、大変忙しかったものと思われます。それでも、完成した本の内容はメッセージ性に富んでいますし、読み応えはあるものでした。

オープンシステムに所属する建築家さん達の取り組みも、それぞれに素晴らしいものがあります。本当、正直すぎるくらいに、建築が好き、現場が好き・・・実直で真面目な建築家さん方なんです。建築や現場に精通して、説明能力・管理能力がないと、とてもじゃないけれどCM分離発注の建築家は務まらないので、皆さんとても勉強熱心な方ばかりです。

さて、まだ全然読みきれていないので、これからじっくり読みま~す・・・

"イエヒト8号にて家の価格公開" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント