駐車場の寸法、設計ディテール、コンクリート土間デザイン。

画像

写真は、家の模型で、北側が駐車場です。
上から見ると外観デザインがよくわかりますね。


■駐車場の左右の幅は最低40センチ以上確保■

カーセンサー「駐車場の基礎知識」によると、
一般的に駐車場を作る上で、
1台分の幅は2.5m、長さは5mという基準があるそうですが、
車の幅によって、必要な幅が変わります。
左右に40センチの余裕を持たせているところが多いそうです。

一般的な複数台の駐車場は
隣の車のスペースも通路として干渉します。

逆に言えば、駐車場に求められる幅は、
「車の幅+80センチ」(左右に40センチの余裕)が必要です。



ウチの駐車場の幅は、2880ミリ。

愛車のプレマシー(マツダ)は、全幅1745ミリで、
左右の余裕は500ミリ以上あるので、
運転が下手な私も、なんとか擦らずに車庫入れできます

でも、もっと余裕があったらいいのに!とも、思います。
子どもの乗車、荷物を運んだりもありますからd(^-^)ネ!


■デザイン(コンクリートとタマリュウ)■
画像

駐車場のデザインとして、格子状コンクリートの間に、
植栽(タマリュウ)でグリーンを入れています

アトリエジニアスの一級建築士山本さんが
設計時に素晴らしい提案してくれました。

コンクリートはデザインで分割しておくことで、
収縮や積載荷重によるひび割れ防止になるでしょう。
機能を兼ね備えたデザインが気持ち良いです。

タマリュウは、常緑の多年草
日影にも耐え、車の荷重にも耐え、
気温や気候の変化にも耐え、
肥料が手間を加えなくても、病気にもならず、
虫もつかない、雑草が生え難くなる・・・
夏も冬も・・・美しいグリーンを保っています。

雨にも負けず、風にも負けず・・・を
地で行くケナゲな植物です。

乾燥に少し弱いらしいのですが、
湿度の高い新潟は適しているようです。


そのタマリュウをコンクリートの間に入れた、
グリーンラインを中央に真っすぐ伸ばしたデザイン。

これが、車のバックモニター画面に映るので、
駐車時のガイドラインになります。
画像

夜はちょっと見えにくいですが・・・汗
グリーン・ラインにあわせて車庫に入れています。


・・・ひとつだけ「デメリット」を言うならば、
分割ラインにグリーンを植えてしまうと
駐車場で「洗剤」を使った洗車は、できません。
丈夫なタマリュウなんで・・・
たまの洗剤くらいじゃ・・・たぶん死なないと思いますが、^^;
ためらいますよね


■ディテールに宿る神は・・・神経質?(水勾配、雨仕舞い)■

砂丘に位置する家の周囲は、傾斜があり、
地盤改良と盛り土・擁壁等で地盤面を整えています。
画像

駐車場は、前面道路とゆるやかに繋いで、
地盤の高さが最適になっていて、段差が全くありません。

設計されたものを確実に施工する
コンクリートの仕上げも丁寧で完璧です。

水勾配があって、コンクリートは分割しています。
画像

端っこには、水切りになる「溝」がついている、
「神(経質)仕様」です、笑。
ディテールに宿る神は神経質・・・?笑

つまり、この駐車場のディテールが意味するものは・・・

・・・「雨仕舞い」なんです。

雨が降っても、「水溜りができない」
べちゃべちゃにならない駐車場

雨が多い新潟で、
雨仕舞いを徹底されていること、大切だと感じます。



■オープンシステムでの建築と価格公開■

建築士と一緒につくる家づくりは、
家だけでなく、駐車場まで・・・
建築士ならではの目が行き届いています!

アトリエジニアスさんには、ホントーに感謝・・・。
「家に住んでから」、株が上がりっぱなしです

実際住んでみると、有り得ないくらい気が利いていて
やっぱり設計監理は重要と感じます。

住まいの相談は、地域の建築士さんをオススメします。
積み上げている知識・技術レベルが営業マンとは違います。

採用したオープンシステムでは建築士が、建て主の代理人となって、
価格交渉・価格公開もしてくれます。

この駐車場の工事を行ったのは、外構業者ではありません。
家の基礎工事業者・擁壁工事と同じ竹田工業です。
コンクリート専門業者による工事で施工レベルが高いです。

オープンシステムを採用しましたが、
同じ業者への発注をまとめ、
価格交渉をするという手法も使われます。
設計と発注と施工の最適なマネジメントを
建築士さんがやってくれます。

ちなみに、この駐車場土間コンクリート工事の金額は・・・
コンクリート刷毛引仕上:
駐車場面積37.4㎡×単価4500円/㎡=168,300円です。
参考にしてくださいね。

ウチの建築士、アトリエジニアスさんは、
家本体だけじゃなくて、家全体の設計監理をしてくれる人でした。
外構工事業者に別に頼まなくても、建築士のプロ目線で
デザイン&使い勝手の良い駐車場・外構ができてナイスです。


■不定期更新中です♪■

いろいろと忙しく、
当ブログの更新期間が開いてしまいました。

しかし住んでいくうちに、発見していく住まいのディテール、
設計思想の理解からくる
建築士さんへの感謝は増すばかりです。

こちらのブログでは、家づくり、住まいについて
ちょっと役に立つ話を、建て主の視点で
今後も事実を正確に情報公開していくことを目指します。
読む方へ家づくりのヒント・気付きがありますように。

どうぞ、宜しくお願いいたします

RSSリーダーに登録していただけると、
不定期な更新でもわかりやすくなりオススメです。

"駐車場の寸法、設計ディテール、コンクリート土間デザイン。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント